まずは買取り依頼をしましょう

運営者
Posted in 未分類

カメラ安いカメラしか購入してこなかった。これはジャンク品にしかならないだろう。ジャンク品とは、故障品と同義であり、そのまま使用できる見込みがないほど故障、損耗し、本来製品としての利用価値を失っているという場合では買取が難しいことがあります。

買取り依頼をあきらめていませんか。また、付属品がなくしてしまったなど、不完全な状態では買取りしてもらえないとお考えではありませんか。あなたが、中古品・ジャンク品を購入する立場だったらどうでしょうか。あらゆる機能があっても、理解不能の場合もありますし、ワンチャンスに賭けた写真が撮れたら満足。

そんな思いでカメラ購入を考えている人は、値段が安く、基本的な動作環境をクリアしているか、レンズ等に傷や歪みはないだろうか、内臓バッテリーは余裕残量があり(繰り返し充電可能)、保証書の期限残があればいい、使い勝手の良さが欲しい、と人それぞれ条件にこだわりながらカメラ探しをしているのです。ジャンク品であっても、場合によってはお宝となることもあります。また修理が可能なものも特に機械式では多いようです。これまで大事に使ってきたカメラを必要としている人に使ってもらうためにも買取りサービスを利用されてはいかがでしょうか。

<参考サイト>カメラ買取ならカメラ高く売れるドットコム|一眼レフ・レンズなどお売りください

買取りの種類

運営者
Posted in 未分類

ストロボフラッシュ

買い取ってもらう際には、店頭買い取りとなる直接店に持ち込む方法と、出張買い取りで自宅に取りに来てくれる方法、宅配買い取りで宅配キットがあり箱に入れて送るだけなどと状況に合わせた手段があります。近所に店舗がないという場合も諦めずに問い合わせてみると良いでしょう。自分でオークションで売却する方法もあります。現金化できるのは、有名メーカーだけなのでしょうか。確かにドイツの有名メーカーは、定価が高くコレクターズアイテムとしても人気があり高値です。有名カメラ会社など各社メーカー製品買い取り対象です。

とある買い取り店では、デジタル一眼レフ(大手メーカーは高値)・デジタルカメラ・ミラーレスカメラ・二眼レフカメラ・フィルムカメラ・三脚・レンズ・ストロボフラッシュ・カメラケースも買い取り対象になっています。コンパクトデジタルカメラは販売価格が安いので数千円との事ですが、少しでもお金になれば嬉しいものです。フィルムカメラは値がつきにくいのですが、人気機種であれば査定額が付く傾向にあります。査定時にチェックされる項目としては、メーカー、機種、販売の年代、保存状態、付属品の有無が挙げられますので、箱や説明書などもあれば一緒に出しましょう。

カメラの買取りについて

運営者
Posted in 未分類

では、具体的な買い取り方法についてです。まずは、大手家電量販店です。普段は家電量販店のイメージが強く意識していませんが、いずれも「カメラ」と店舗名についているではありませんか。買い取りも対応してくれます。メールフォーム等ありますので気軽に問い合わせてみると、いいですね。安心感のある大手家電量販店では、高値が付いたところ、対応が良いところ等を比較し、売るまでの経緯も楽しんでみるのも買い取り依頼側の面白さです。

新聞買い取り情報は、インターネットに限った事ではなく、新聞広告に掲載されていることもあります。タウンページをめくってみる、友人に聞いてみる等、アナログな作戦で攻めてみるのも有効です。筆者が目にした新聞広告には、「故障していても、どんなに古くても買い取ります」という見出しと共に金額も搭載されており、買い取り一例としては機種により1万円から4万円でした。

また、レンズのみにも値段がつきます。こちらも各種メーカーや状態によりますが、1万2千円~1万9千円位でした。カメラにあまり詳しくない人であれば、レンズが買い取り対象になるのはどうしてだろう?との疑問を感じるところですので、簡単に説明しておきますと、レンズというのはモデルチェンジの周期が長く、何十年も使用できるので「レンズ資産」とも言われるのです。ゆえにレンズだけでも現金化できるというわけです。

壊れたカメラをどうするか

運営者
Posted in 未分類

最近は、スマホで写真撮影!カメラは暫く使っていないという方々も多いのではないでしょうか。久しぶりに使おうと、構えてみたものの、どうやら壊れているかもしれません。今回は、壊れたカメラの処分についてまとめてみました。

パソコン壊れたカメラをどうするか?「…不燃ゴミで捨てよう」と思いがちですが、買い取ってもらうことが可能です。オークションサイトに中古品・ジャンク品と表示して出品する事も可能かとも思いますが、普段から利用していない人にとっては、少々手間を感じます。大手電機店やリサイクルショップで買い取りに応じてくれますので、壊れたカメラを現金に変えてみてはいかがでしょうか。

まずは、この壊れたカメラは本当に買い取りしてもらえるのだろうかという点についてですが、インターネットで検索すると買い取りについての記事はいくつもあるので、この疑問についてはすぐにクリアできるはずです。引き続き価格を調べることができますので、おおよその価格予想がつきますね。なぜ、壊れたカメラを買い取ってもらえるのかという疑問については、携帯電話等と同じ原理です。使える部品を組み合わせてまた使用できる商品に修理を加えて、中古品、ジャンク品として販売できる仕組みです。

壊れたままでも、年代物のカメラや、現在製造中止になっているカメラなどは愛好家の間でも欲しい人はいるはずです。写すことはできなくても、手元に置きたいコレクター達もいますので、需要はあるはずなのです。
部品いじりが趣味で、壊れたカメラを修理してみた!という人もいますので需要はどこにあるかわからないものです。